入浴剤ビコーゲンのレビュー

2021年3月に「浴用ビコーゲン BN」をAmazonで購入したのでレビュー。

「浴用ビコーゲン BN」を知った経緯

ネットショッピング中に発見。

冷え性対策にバスソルトを探している途中に出会いました。

最初の印象は、「ビコーゲン?聞いたことない名前だなぁ。」

それもそのはず近所のドラッグストアで見たことは1度もありません。

Amazonでバスソルトの購入を検討中、「何か良いものはないかなー。」と画面を眺めていました。

「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています。」を見ていたら、だんだんと医薬部外品の入浴剤が表示され始めました。本格的な温泉成分の入浴剤が表示に増え、そんな中に「酵素風呂」があり商品を確認。

ビコーゲンのほかに同じパパイン酵素や米ぬかを使った商品はありますが、手ごろな値段で量的にも多すぎないし(内容量1.0㎏)好印象です。(ガールセンも気になる!)

Amazonレビューは高評価が多かったです。低い評価もありましたが、色がダメだったとか匂いがあまり好みでない等の感想でした。

レビューに目を通した印象は商品自体に問題があるということではないだろうなと感じました。

「自分には合うのかな?」と気になりぽちっと購入。

手元に現物が届いたので

実物はどんな感じ?

イメージ写真と違ったところはありません。

まだキャップを開けていないのに(健康によさそうな)においがしてきます。

容器は洗濯用洗剤と似ています。

分類は医薬部外品。

効能や有効成分の記載は裏面にあり。

内容は粉末タイプ。

容器の形から想像して、「中には液体が入っているのでは?」とそわそわしていたので期待を裏切られる。

粉末タイプの入浴剤です。

すごくさらさらしているのでキャップに注ぎやすく計量も楽です。

しかし、ときたま計量に失敗します…。あまりにさらさらしているので砂時計の砂が流れるようにキャップの外に勢いよく中身が流れていきます。

そんな時は容器の本体の角度を再調整します。

お風呂場なのでセーフ!

粉末の見た目はオレンジ色。お湯に溶かしてみると…?

容器には「グリーンレモンのお湯の色」と書かれている。この表現に嘘はなく、お湯に溶かすと蛍光色のイエローです。

蛍光色なのでレトロな感じがするなぁ。

おしゃれな雰囲気は演出できませんので注意。

どのくらいの量を入れる?

裏面には家庭用風呂(200ℓ)に対し、20g(キャップ目盛▼20)を1回分として…と書いてある。ふむふむ。

キャップを確認。内側に線はあるけど、目安は見当たらない。

「どの線で20gを量るの?」と思っていたら、ありました。本体横に記載が。キャップにあるのは目安の線のみ。

入浴剤を使用してみての感想

入浴時の条件

  • 入浴時間:10分ぐらい
  • 温度:約40℃
  • お湯の量:胸まで浸かるぐらい。(200ℓかは謎)
  • 入浴剤の量:20g(書かれていた量を入れました)
  • 給湯器:追い焚き機能なし

におい…独特のにおいがする。かすかにみかんの皮の香りがする。

「くさい!耐えられない!」レベルではない。

お湯…さっぱり。

入浴剤なしのお湯と比べるとお湯が柔らかくなると感じた。

お風呂から上がって…においは体に少し残る。気になる人はシャワーで流した方がいいかも。

からだはポカポカします。これは嬉しい!冬場は体を拭いている間に体が冷えしまうので冬に期待です。

肌もさっぱり気持ちいいです。

入浴剤を使う上での注意点

気にしすぎな性格なので注意点も書いておきます。

購入する人はここら辺は確認しておく必要がありますよね。

気を付けなければいけないのは、使用中に皮膚に異常を感じた場合は使用をやめること。

使用する風呂釜は入浴剤の使用に向いているか否か。色がつく可能性も。

ご自身の環境と照らし合わせてみてください。

購入時期はいつがいいか、考えてみる

私がビコーゲンを購入したのは3月を過ぎてからでしたが、もっと早く買っておけば…!と思いました。

なぜなら真冬に使いたかったからです。

つらい冬を乗り越える強い味方として活躍してもらいます。

オールシーズン使えると思うので購入時期はいつでも良さそう。

冷え対策で購入するなら、気温が下がる11月や12月からの秋冬や梅雨の時期の7月です。

まとめ

匂いと色は個性的。

値段はネットで購入すると安い。

はじめての購入でしたが、気に入ったのでリピートです。

購入を考えている方にこの情報が役立てたなら幸いです。では。

残る謎

「浴用ビコーゲン BN」の“BN”の意味がいまだに分からない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました