Kindle Paperwhite(第10世代)を購入する前に知りたかったこと

Kindle Paperwhite(第10世代)を買った後に、「これ先に知ってていればよかったな」と思ったことがいくつかありました。

はじめてKindle 端末を購入する、またはあまり電子機器に明るい方ではないという方に向けて書きました。

動きがもっさりという特徴は有名なのでもうみなさんご存じかな、と思うので言及しません。

はじめてのKindleじゃないよ、知りたいことが決まっているよという人はお好きな目次からどうぞ。

購入後に「あれ?充電できない!」となる前に充電方法を知っておく

Kindle Paperwhite(第10世代)を購入したときに入っていたのは、説明書、端末本体とUSBケーブル。充電アダプターは同梱されていません。

普段からガジェットに触れていない人は充電方法に困ったはず。

Kindle Paperwhite(第10世代)の充電方法

パソコンがある人→パソコンの USB‐Aポート に接続する

USB充電器を持っている人→USB‐Aポートに差し込む

新しく買う→専用のAmazon 5W 充電器(別売り)またはUSB充電器を買う

この中でどれかひとつでも当てはまれば充電はできます。

私はパソコンのUSBポートに繋いで充電しています。これ、結構時間がかかってしまいKindleの充電が完了するより先にノートパソコンの充電が切れます。

ただKindleの充電の頻度はスマホやパソコンに比べるとすごく少ないと感じています。私は1日10~20分の使用で、1~2週間に1回充電するのみ。

あんな
あんな

パソコンで作業する時にながら充電するといった感じです。

パソコンをさわる時間が短い場合、例えば1日に1,2時間ぐらいなら充電はその日のうちに終わりません。

注意点

因みにパソコンの電源を落とすとKindleの充電も止まります。

「そんなに待てないよ」という人やKindleの1日の使用時間が長くなりそうな人は、専用の充電器を買うのもありです。

ただ、これは”最初から絶対に必要!”なものではないと考えています。

Kindleを実際に使ってみてパソコンで充電してみて、必要になったらでも大丈夫です。

あんな
あんな

私は「今日は充電を終わらせることはできないな。明日でもいっか。」と考えるタイプ。

電子書籍のダウンロードはどうする?Wi-Fi環境は整っているか?

自宅にWi-Fi環境が整っているかどうかも購入前に考えておきます。

モデルによってはWi-Fi+無料4Gも選択できます。4G通信はAmazon持ち。だけど値段は、Wi-Fiモデル(¥17,980)で、Wi-Fi+無料4G(¥22,980)で値段が5,000円も高い。Wi-Fiが使えるならWi-Fiモデルの方がおすすめです。

Wi-Fi環境を整えるには
  • テザリング機能のある端末(スマホ)を持っているか?
  • 固定回線+Wi-Fiルーターは設置済み?
  • モバイルWi-Fiルーターやホームルーターを契約している?
  • 無料Wi-Fiスポットを探す(安全に使える人)

この中のどれかひとつでもクリアできれば、電子書籍をダウンロードできる準備は整っています。

あんな
あんな

私は2つ目の”固定回線+Wi-Fiルーター”です。

自宅で他にもガジェットを複数持っているのでこの形が個人的にベストです。

スリープモード時の画面に広告が表示される※広告つきモデルを買った場合

広告つきモデルの方が安いからと買ってから後悔。

使用する場所は自宅で、端末本体にはカバーは付けていません。しかし、Kindleを裸で使用していると画面に広告が。自分自身が購入している本に関連するおすすめ本が堂々と表示されます。

自身の読書傾向が家族や他人に知られるのが嫌な人は広告なしモデル(2,000円高い)がいいと思います。

「いや、もう本体購入しちゃったよ」なんて人もいるかもしれません。そんな人はKindle専用のカバーがおすすめです。

画面側を覆えるタイプなら画面の広告は隠れます。他にもKindleがすっぽりはまるスリーブケースなど。

ここでカバーをおすすめしているけど私は付けていません。その理由は次の項目でお話しますね。

自分とKindleの付き合い方で保護カバーやケースが必要かどうかを考える

Kindleを手に入れた当初は、カバーも同時に購入し最初は付けていました。

ですが私のKindleの基本的な使い方は決まっていて、お風呂の時間に読書するが基本。

この使い方に合わせるとカバーを付けることがデメリットになってしまいました。

購入したのはKindle純正のファブリックカバー。もちろんお風呂では使えません。

毎回、浴室に持っていくのにカバーを取り外します。めんどくさい。さらに端末本体の塗装も少しはがれる始末…。

それに加えカバーを付けると本体が重くなってしまい、身軽に持ち運ぶことのできるKindleの良さも半減。

こういった経緯で私はカバーをやめましたが、カバー否定派ではありません。実はレザーのスリーブケースを狙っています。

  • 浴室内やプールでは使用することは考えていない。
  • バッグの中にいつでもどこでも持ち運ぶ。
  • 電源ボタンをちょっと守りたい。

などの使い方をする人には、カバーやケースは傷や衝撃から守る強い味方です。

※防水機能があるのは、Kindle Paperwhite、Kindle Oasisのみ。

無印KindleとKindleキッズモデルは防水機能なし。(2021年8月時点)

まとめ

Kindle Paperwhite(第10世代)を購入する前に知りたかったことをまとめてみました。

  • 充電方法はパソコン経由?それとも専用の充電器を買う?
  • Wi-Fiは使える?
  • 広告つきモデルの方が値段が安いけど本当に広告つきでいいの?
  • カバーは必要か?

自分がどんな風に使いたいかを考えておくと満足のいく買い物ができるのでは?と思います。

おまけ

私がKindleを購入したときはまだ自分のパソコンを持っていませんでした。Wi-Fiルーターもなく、光回線はまだ未開通。USBケーブルで充電ができることも知らず、「あれ…?充電はどうすればいいの?」今考えてみると無謀な買い物でしたね。

これだけパソコンやスマホが普及しているのにそんな人いるの?と思いますが、ここに一人います…。

もし、以前の自分と同じならこういった悩みに突き当たるんじゃないかと思い文章にまとめてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました