ドコモオンラインショップでApp Store & iTunesギフトカード(デジタルコード)が買えない【2021年11月3日時点】

いつもdポイント(期間・用途限定)でAppleのApp Store & iTunesギフトカードを購入していたのだけど、現在(2021年10月14日~)ドコモオンラインショップでの販売が一時停止されている。同様に、Google Playギフトコードも販売を停止中。

タイトルの日付と、記事の内容に記載されている日付の違いについて

記事内の日付(2021年10月14日~)は、購入できないと気づいた日です。タイトルに記載されている日付は、私がドコモオンラインショップで確認した日になります。

ドコモオンラインショップでデジタルギフトコードが「購入できません」と表示されている。
販売を一時停止中。スマホで気軽に購入できるので重宝していました。

販売の一時停止の理由はニュースでも報じられている通り、フィッシングSMSスミッシングというらしい)でギフトカードの不正購入がされてしまったとのこと。

被害人数は約1,200人、被害金額は約1億円(2021年10月1日時点)。

「このサイトも怪しいかも…」と思う人は、リンクから飛ばずに自分のWebブラウザから検索、またはブックマークからドコモの公式サイトを確認してみてください。

この報道があった後、ガラケー使いの家族のSMS(ショートメッセージサービス)にも、「NTTセキュリティです。ご利用料金のお支払い確認がとれていません。」とのメッセージが来ていました。私の家族はメッセージを無視しましたが(私に「これ大丈夫?詐欺?」と相談してくれました。)、スマホに慣れ親しんでいる人でも、不安を感じ焦ってしまいそうな内容です。

私の家族はメッセージが詐欺だと確信したら、そのSMSのメッセージを端末からすぐ削除しました。

メッセージを受信した時期は、ドコモから料金額確定のお知らせ(SMS)が送られてくる毎月10日ごろ。その次の日あたりにこのフィッシングSMSが…。紛らわしいタイミング。

SMSに送られてくるURLをクリックすると、ログイン画面が表示されるそうです。

公式の画面とよく似ているので、ちょっと見ただけでは見分けはつきません。(よく見るとURLが公式のものと違うのだそうですが…。)

ドコモでは、フィッシングSMSの本文例一覧と画像を載せ注意喚起しています
ドコモ公式の送信元やURLを確認するなら

私のスマホにも、大手企業の名を騙ったフィッシングSMSが月に1度は届きます。

あんな
あんな

こないだ来たショートメッセージには”やまと運輸”と書かれていました。

本来なら”ヤマト運輸”とカタカナ表記のはず。

普通に騙されなかったわ!

私は通販を利用する頻度が少なく、手帳に記録も付けているので、こういったメッセージが”怪しい”とすぐ分かります。

ですが、日常的に利用する人の方が圧倒的に多いと思います。週に1,2回は通販を利用したり、ネットスーパーなどもあり生活にはなくてはならない存在です。頻繁に利用する人は要注意です。

不正利用をどう見抜く?

不正利用されたというのはどういった場合に分かるのでしょうか。

やっぱりカード履歴を確認するのが一番かもしれません。

スタパ齋藤さんの記事。不正利用が発覚してからその後の対応までが載っています。

iTunes Storeでカードを不正利用されたゼ!

こちらはフィッシング詐欺ではなく情報流出っぽいですが、クレカを勝手に使われるのと各社に手続きをしなければいけないのは大変…。

ドコモ払いやApple IDは領収書メールが届くので(Apple IDで購入したらAppleから商品の名前や日付、値段などが決済内容が記載されたメールが届きますよね)、メールを見逃さないようにしたいところです。特に毎月のサブスクの引き落としなど。自分が購入したものなのか、何か違和感がないか確認しましょう。

そして、不審な二段階認証があった場合も疑ってみてください。自身がログイン操作をしていないのに通知が来たら危ない。

ドコモのサイトでは、もうすでにアクションを起こしてしまった人への対応一覧が載っています。

>万が一被害に遭ったら

  • フィッシングメール/SMSを受信した・開いた
  • クレジットカード番号や金融機関の口座情報、暗証番号を入力してしまった

などの対応が載っています。

気を付けてくださいね。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました