【Fire TV】プライムビデオを見ていたら声が小さくて台詞が聞きとりづらい。一応、設定から対策する

Fire TV Stick

居間のTVにFire TV Stick(ファイヤーティービースティック)を接続して、日々プライムビデオでドラマやアニメを視聴して楽しんでいるのだけれど困ったことがある。

それは音のバランスが悪いと感じること

具体的に言うと、登場人物の台詞は小さくて聞きとりづらいのに、効果音やBGMはやたらと大きい

あまりの音の大きさにびっくりし、慌ててリモコンで音量を下げる

すると今度は台詞がメインの場面に切り替わる。

しかしここで問題が発生。

登場人物が何をしゃべっているのか、会話のやりとりに耳を傾けてみるが、声が小さくて何をしゃべっているのか会話の内容が聞きとりづらい

だとしたらやることは1つ。すぐさま音量を上げる

これでひと安心かな?と思ったのもつかの間、また大きな音にびっくりする。

やっぱり音量を下げる

…。

といったことを繰り返しやっていました。

これじゃあ、物語に集中できないし、音量に気を遣い過ぎて気が気じゃない

何より…すごく面倒くさいです…。

そこで何か対策はないかと思ったら、一応設定で調節できるらしい。

ダイアログエンハンサーをオンにすればいけるかも…しれない。

…かも。

我が家のFire TV環境はこんな感じ

使用している端末:Fire TV Stick 4K

接続しているTV:家電量販店では見つけられないマイナーなTV

音声:TVのスピーカー

対策は?ダイアログエンハンサーをオンにする

ダイアログエンハンサーという機能があり、人の音声を際立たせるものらしい。

なかなか聞きなれない言葉です。

調べたらDTM用語らしい…。

この機能をオンにしてみる

手順

以下、手順です。

ダイアログエンハンサーをオンにする
  • STEP1
    まず、Fire TVのホーム画面に戻る

    ホームボタンを押す。

  • STEP2
    「設定」へ

    歯車のアイコンを選択すると、Fire TVのメニューがずらっと表示される。

  • STEP3
    「ディスプレイとサウンド」を選択
  • STEP4
    「ディスプレイとサウンド」カテゴリの中から「オーディオ」を選択

  • STEP5
    「オーディオ」カテゴリの中から「オーディオ詳細設定」を選択
  • STEP6
    「ダイアログエンハンサー」を「オフ」から「オン」状態にする

    「ダイアログエンハンサー」の文字の下に「オン」か「オフ」かどちらか一方が表示されている。

    わかりづらかったら、何度かボタンを押して表示が「オン」になるのを画面を見てよく確認してみる。

  • 最後に
    ホーム画面に戻り(ホームボタンを押す)、見ていたドラマやアニメを再生して音声は聞きとりやすくなったか様子を見てみる

個人的な感想ですが、一応やってみたけど効果はわかりづらい。

まとめ

Fire TVでプライムビデオを見ていて「何か声が聞きとりづらいんだけど…」といった場合の対応策として「ダイアログエンハンサー」をオンにするということでした。

現状(2022年の7月現在)は、プライムビデオアプリだけでなく、YouTubeアプリの音のバランスもなんだかなぁという状況。

TV側の音量をリモコンで下げても下げても、音が大きすぎて…。

今回は、設定からダイアログエンハンサーをオンにして対応するということでしたが、この問題に対して我が家が行っている対策は、ワイヤレスイヤホンを接続して聴くです。

うちでは家族がみんなで1つの作品を一緒に鑑賞するというより、一人ひとりが好きな作品をそれぞれ見ているので、イヤホンやヘッドホンをBluetooth接続が最適解かな、と今のところ思います。

※うちのTVはイヤホンジャックが2.5㎜なので、手持ちの有線イヤホンの3.5㎜のミニプラグが差さらない。(・_・)

根本的な解決にはなっていないけど、精神的な安心は得られるかも…。

他の方はどうなんでしょうか…。

それではここまでお読みいただきありがとうございました。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました