スマホ1台だけの生活から自宅に光回線を導入【ドコモ光×GMOとくとくBB】

アイキャッチ画像 おうち時間

厳密にはスマホ1台ではありません。キャリアで契約したAndroidタブレットで用途はネット閲覧とゲームをするのみ。パソコンもありませんでした。

そんな環境から光回線を契約してどうだったかを書いていきます。

昔の自分と同じで現在スマホ1台で「光回線を契約しようかな?」と悩んでいる人に「こんな感じだよ!」ということが少しでも伝わればと思います。

ドコモ光×GMOとくとくBBを契約

ドコモユーザーなのでドコモ光を契約しました。ちなみにドコモ歴は10年を超えています。ドコモ光歴は2年3カ月目。(2022年1月時点で)

回線業者はドコモ光でプロバイダはGMOとくとくBBです。

契約したプランは、「1ギガ タイプA」。

住居がアパートなので料金はマンションタイプ。

毎月の利用料金は月額4,400円(税込)。2年定期契約ありだとこの金額です。

ドコモユーザーの私がドコモ光にして感じたメリット・デメリット

メリット・デメリットをザックリと挙げてみます。

メリット
  • 光回線の支払い料金一緒
  • My docomoでスマホとドコモ光の利用料金を両方とも見ることができる
  • スマホ料金にドコモ光セット割がある
  • ドコモ光の利用料金にもdポイントがたまる
  • 2年間利用したのち更新するとdポイントがもらえる(2年定期契約の場合)
デメリット
  • 定期契約なしだと料金が高め
  • 解約時に解約金がかかる場合も

こんな感じです。それぞれをすこし詳しく書いていきます。

まずはメリットから

  • 支払いがスマホ料金と一緒

私の場合、スマホ料金とドコモ光回線の利用料金はドコモから一括で引き落とされます。

  • My docomoでスマホとドコモ光の利用料金を両方とも見ることができる

これは両方とも同じページで確認できます。

利用料金だけでなく、ドコモ光の契約内容もMy docomoから確認できます。一度に料金を閲覧できるのでとても便利だと感じています。

ただ2回線の料金が一緒になっていると見づらいと感じる方もいると思います。ぱっと見でわからない人は隅々までページを確認しましょう。(「自回線」や「ドコモ光」を切り替えて単体でも見ることできます。)

パソコン→dアカウントでMy docomoにログイン>「料金」>回線別の料金を確認

スマホ→My docomo(アプリ)またはdメニューから確認

  • スマホ料金にドコモ光セット割がある

ドコモのスマホで「ギガプラン」を契約しているなら、光回線にドコモ光を選ぶと「ドコモ光セット割」が適用されます。特にギガホなど大容量プランを契約している人は最大で1,100円(税込)割引になります。

あんな
あんな

私はギガライトを契約していますが、月の通信量が1GB未満なので光セット割は適用されず…

1GB~3GBの場合の割引はー550円(税込)。

ギガライトの方はご注意ください。

  • ドコモ光の利用料金にdポイントがたまる

ドコモのケータイ料金にはdポイントがたまりますよね。

光回線のドコモ光の利用料金にもdポイントがたまります。

たまり方は利用料金1,000円(税抜)につき10pt。

例えば、私が契約している1ギガ タイプAプランを見てみましょう。

月額4,400円(税込)なので月40ptたまります。

ここで知っておいて欲しいのは、端数の400円にはdポイントはつかないということ。

dポイントで知っておいて欲しいこと

dポイントには2種類あり、dポイント(通常)dポイント(期間・用途限定)に分かれています。

有効期限の違い

  • dポイント(通常)…48か月
  • dポイント(期間・用途限定)…期限はそれぞれ違う。キャンペーンで「5,000ptプレゼント!」という場合は、獲得するポイント数だけでなく、有効期限はいつまでか・どうやって獲得するのか自分の目でちゃんと注意書きを確認しておきましょう。

dポイントの使い道の違い

  • dポイント(通常)…ケータイ料金の支払いに使える
  • dポイント(期間・用途限定)…ケータイ料金の支払いに使えない

違いはこの「料金に支払いに使えるか・そうでないか」の1つだけではありません。違いは他にもあります

後で「あれ?ポイントのたまり方が自分が想像していたのと違う!

となる前に、dポイントとはに記載された詳細に目を通しておくのがおすすめです。

【公式】dポイントクラブ

dポイントクラブ(公式)
dポイントクラブ(公式)
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ
  • 2年間利用するとdポイントがもらえる(2年定期契約の場合)

2年定期契約の前提ですが、2年利用して更新すると「ドコモ光更新ありがとうポイント」のプレゼントあり。ちなみに契約は自動更新です。

契約してから27カ月目にドコモから「ポイント獲得のお知らせ」が来ます。

ドコモ光更新ありがとうポイントの獲得期間の表
出典:NTTドコモ ドコモ光公式ページより

注意点はdポイントを獲得するには自分でdポイントクラブから申し込みを。

忘れないでください。

「契約してから27カ月目?そんなの覚えてられないよ…」と思った方へ

光回線の契約期間はドコモ光の「契約内容確認・変更」のページで確認できます。

現時点で自分の契約が何カ月目なのか記載されています。

手順

  1. My docomoにログイン
  2. 「ご契約内容」を選択
  3. 光インターネット「確認する」を選択
  4. 「ご契約内容確認・変更」のページが表示される
  5. そこで光回線の継続期間が記載されているので探す。ここで自分の契約期間の確認ができる。

【公式】My docomo

My docomo - 料金・通信量の確認
My docomo – 料金・通信量の確認
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

デメリットの方もどうぞ。

  • 定期契約なしだと料金は高め

1ギガ タイプAを比較してみます。

マンションタイプ

2年定期契約あり…月額4,400円(税込)

契約期間なし…月額5,500円(税込)

月1,000円の差。

戸建てタイプ

2年定期契約あり…月額5,720円(税込)

契約期間なし…月額7,730円(税込)

月1,650円の差。

2年定期契約だと月額料金が安くなるので、長期利用を考えている場合は2年定期契約ありがおすすめです。

短い期間の利用を考えているなら定期契約なしのプランがおすすめです。

  • 解約時に解約金がかかる場合も

解約金ですが、戸建てタイプ14,300円(税込)、マンションタイプ8,800円(税込)です。

契約満了月の当月・翌月・翌々月は解約金はかかりません。

契約満了月ってどこで確認すればいい?

My docomoの「契約内容確認・変更」のページの「料金プラン」に契約期間と共に契約満了月も載っています。

【公式】My docomo

ドコモ光を解約するには

契約をしたけどやむなく解約も…という人もいると思います。

解約方法は電話でドコモインフォーメーションセンターへ連絡するか、ドコモショップ/dgardenでの手続きが必要です。

下のページを一度確認してみましょう。

【公式】ドコモ光の解約

スマホの2年縛りは2021年10月に廃止されましたが、ドコモ光ではまだ存在しています。

後で解約金で困りたくないのなら、契約前にどのくらい解約金がかかるのか解約金がかからない期間は何カ月までなのかは知っておく必要があります。

解約金なしの期間が載っている
出典:NTTドコモ 

上の画像では、24カ月目~26か月目の部分に解約金なしの期間が表示されていますね。

特に2,3年以内に引っ越しの予定があるのなら、カレンダーとにらめっこして計画的に契約・解約の予定を考えておく。

スマホ料金の節約に成功!しかし、毎月の通信費自体はあまり変わらず

光回線を契約し、自宅にWi-Fiルーターを設置してから、自宅でのスマホは常にWi-Fi接続にしています。

  • 自宅でスマホを使ってネットサーフィンや動画を見る→Wi-Fi接続がほとんど
  • 外出先でスマホを使う→モバイルデータ通信に切り替え(=Wi-Fiをオフに)

外出先でのスマホの利用が減ったので、モバイルデータ通信の通信量が激減。そうなると大容量プランの契約は必要が無くなり、スマホのプランを小容量タイプのギガライトに変更しました。

プラン変更により、スマホの料金を節約することに成功!

あんな
あんな

やった!!

以前はスマホ単体で平均月8,000円の支払いでしたが、ギガライトにプラン変更後は月2,500~3,000円に落ち着きました。

スマホ料金の内訳は通信量+通話料になります。

結果としてスマホの利用料金を低く抑えることに成功しましたが、新たに光回線の支払いが増えたので、毎月の支払いは合計(スマホ+ドコモ光)で月6,900~7,400円になります。

トータルで見ると、通信費の毎月の支払いの総額はあまり変わりませんでしたね。ですが、少し安くなったことは事実。

あんな
あんな

やった…?

通信費はあまり変わりませんでしたが、自宅でネットをたくさんしても大丈夫なので通信量を気にせず使えるようになりました。


光回線を導入して生活は変わったか?

変わりましたねぇ。

YouTubeを我慢する必要がないですし、ドラマも毎日見れます。

自宅にネット環境を整備しインターネットが前より身近になったので、親の意識も変わってきました。スマホを敬遠してフィーチャーフォンを手放せなかった親も「スマホを買おうかな…」と腹を決めた様子。

もうすでに多くの世代で普及しているスマホですが、まだ腰が重くスマホに変えようと踏み切れない人が多いのも事実。

光回線を自宅に導入し、パソコンやタブレットなどの電子機器にたくさん触れるようになった私を見て、「インターネット怖い。わからない。」という恐怖心が薄れてきたみたいです。

これは嬉しい誤算です。

私も以前は「インターネット怖い。」と思っていましたが、自分でパソコンを購入してから考え方が変わりました。

「わからないことが出てきたらまず調べる。ネット検索。とりあえず一度調べてみる。」という風に検索する習慣が身につき始めました。

もう、これだけで「よかった」と感じたのですが、変化は他にもあります。

それでは、実際に光回線にして変わったことを4つほど紹介しますね。

自宅に電子機器が増える

多くの人が光回線を契約する目的は、①自宅での通信量を気にせず使いたい、②複数の端末でWi-Fiを利用するということでしょう。

具体的な例で言えば、

  • 自宅にパソコンを導入するから固定回線が欲しい
  • 家族のスマホやタブレットが増えるので、今の回線では足りない
  • PlaystationやXbox、Nintendo SwitchやゲーミングPCを買ってオンラインゲームを楽しみたい!
  • SkypeやZoomなどのビデオ通話の回数が増え、スマホのデータ通信量を減らしたくない
  • スマホだけだと回線が一つしかなくて不安

などの理由です。

ちなみに私が光回線を契約した理由は、自宅にパソコンを導入するためでした。

冒頭でも書きましたが、私のそれまでのネット環境はスマホ1台(+キャリアのタブレット)のみ。

ですが、光回線を契約してから電子機器が増えました。

  • ノートパソコン
  • KindlePaperwhite(第10世代)※Kindleの購入は光回線の開通より早かったのですが、Wi-Fiを導入するすることがもう決まっていたのでここに入れます。
  • iPad(第7世代)
  • Fire TV Stick(第2世代)
  • プリンター

こんな感じになりました…。

これからも増えるかもしれません…(*´艸`*)

あんな
あんな

Macbook欲しい。

スマートウォッチも…。

自宅でのデータ通信量を気にしなくなった

現在のスマホのプランには5Gギガホプレミアとギガホプレミア(Xi)があります。

5Gギガホプレミアはデータ量無制限で、ギガホプレミア(Xi)は60GBまで使えます。現在はこういった大容量のプランがありますが、私が光回線を契約した2年前はここまで大容量のプランはありませんでした。(2022年1月時点)

当時困ったことといえば、ギガを使い切ってしまうこと。通信速度が低下し快適にネットができなくなります。

しかし、光回線を導入してからは、自宅での通信量を気にすることはありません。

  • 動画を何時間も見ても大丈夫です。実況やライブ配信も怖くありません。
  • 例えば、連休に気になっていたドラマを1シーズン一気見するぞ!なんてこともできます。
  • 同時にタブレットとパソコンを使用して通信しても大丈夫。

スマホのデータ通信の使用量が減ったので、毎月の通信容量を使いきってしまい、月末にギガ不足になり必要な情報にアクセスできないのでは?という不安も減りました。

光回線を契約すれば新たに料金の支払いが増えますが、こういった「通信量が足りない」→「通信量が足りないからネットで知りたい情報を知ることができない」ということを解消できました。

あんな
あんな

ギガ不足の場合、1GB追加オプションもありますが、割高でなかなか手が出せず…。

スマホ1台、パソコン1台で一人暮らし…こんな環境の人で光回線の契約を考えている人もいると思います。

ドコモユーザーなら、5Gギガホプレミアがデータ量無制限です。テザリングもOKなので、スマホ1台の契約の方がいいという人もいるでしょう。

現在のスマホ料金+どのくらいかかる…?

どうしようか悩む人もいると思います。

そんな人は、ドコモの公式サイトの料金シミュレーションをおすすめします。

料金シミュレーションには2種類あり、「しっかり料金シミュレーション」と「おてがる料金シミュレーション」があります。

おてがる料金シミュレーション」ではdアカウントなしで大丈夫です。

ドコモのケータイまたはスマホとドコモ光の料金を合わせた月々のお支払額のシミュレーションができます。

公式サイトへ行って料金シミュレーションをしてみる

ドコモの公式サイト>「料金・割引」>「料金シミュレーション」へ

【公式】NTTドコモ

スマホやタブレット、パソコンの大型アップデートにおびえる必要なし

この項目は、さきほどの「自宅でのデータ通信量を気にしなくなった」と共通ですが、個人的に別で伝えたいのでこちらに書きます。

私のネット環境がモバイルデータ通信しかなかったときに困ったのがアップデート関連です。

当時、OSアップデートやメーカーのセキュリティアップデートは「Wi-Fi環境下で」と付け加えられていました。(今もかな?)当時はモバイルデータ通信のみでしたのでWi-Fiはありません。こういったアップデートが億劫でした。

アップデートだけでなく頻繁にあるアプリの更新などもです。

今ではWi-Fiがあるのでアップデート時の通信量を気にする必要がありません。

回線が2つある

2021年、ドコモで通信障害があり多くのドコモユーザーに影響がありました。

特にスマホ1台だけ所有していた人は困ったと思います。(デュアルSIMの方は事なきを得たかもしれませんね。)

こういった時に自宅の固定回線があればWi-Fi接続できるので、ネットが使えないという事態には陥りません。

結構これはメリットなのでは?と思います。

Wi-Fiルーターはレンタルした方がいい?【GMOとくとくBBの場合】

私が契約しているGMOとくとくBBではWi-Fiルーターのレンタルがあります。

はじめてWi-Fiルーターを自宅に設置する人は、「このレンタルのルーターで大丈夫なの?」と心配するかもしれません。

結論から言うとレンタルのWi-Fiルーターで大丈夫。

ちなみに私はレンタルしていません。

その理由は自分でWi-Fiルーターを選びたいと思ったので自分で用意しちゃいました。

自分で選んだWi-Fiルーターでも現在も快適に使用できています。

そこで自分で購入したWi-FiルーターGMOとくとくBBで用意されているWi-Fiルーターを比較した表を作成しました。

私が用意したルーターはBUFFALO WSR-1166DHP4-BK

比較するのはGMOとくとくBBでレンタルできるBUFFALO WSR-2533DHP3です。

(GMOとくとくBBでレンタルできるWi-Fiルーターは、BUFFALO WSR-2533DHP3Aterm WG2600HS2ELECOM WRC-2533GST2から選べます。この中から比較対象としてBUFFALOを選んだ理由は、今私が使っているWi-Fiルーターと同じメーカーだからです。)

WSR-1166DHP4-BK(我が家のルーター)WSR-2533DHP3(GMOとくとくBB)
IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
IEEE802.11 ac(Wi-Fi5)866Mbps1733Mbps
IEEE802.11 n(Wi-Fi4)300Mbps800Mbps
IEEE802.11 a/g54Mbps54Mbps
IEEE802.11 b11Mbps11Mbps
IPv6(IPOE/IPv4 over IPv6)
セキュリティ規格WPA2-PSK(AES) WPA2-PSK(AES)
最大登録許可台数64台64台
MU-MIMO(同時接続台数)最大2台最大4台
アンテナ方式5GHz/2.4GHz 2本(内蔵)5GHz/2.4GHz 4本(内蔵)
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力8.19W13.7W
外径寸法36.5×160×160㎜37.5×160×160㎜
質量約317g約382g

GMOとくとくBBで用意されたWi-Fiルーターのスペックの方が高いことがわかります。

IEEE802.11ac(Wi-Fi5)の最大通信速度がはやい。(理論値ですが…)

同時接続台数が最大4台と多いです。

一人暮らしで複数のガジェットを使う人は十分快適に使えますし、家族がそれぞれスマホかパソコンを一人1台持っている世帯も使えます。

ですが、5人以上の世帯で全員が同じ時間帯にスマホを使う…となったら少し足りないかもしれません

私が使用しているWSR-1166DHP4-BKでも満足して使えているので、GMOとくとくBBで用意されているWSR-2533DHP3は私の持っているWi-Fiルーターより高スペック。満足して使えると思います。

そしてv6プラスに対応しているというのも大きなポイントです。混雑が解消できるので快適に使えます。

関連記事⋙自宅のWi-Fiルーターがv6プラスに対応しているか調べる

レンタルをおすすめする人

Wi-Fiルーターの利用が初めて

何を選んでいいかわからない

レンタルをおすすめしない人

自分で好きなメーカーで好きなスペックのWi-Fiルーターを選びたい

プロバイダとの契約期間が短いと分かっている

GMOとくとくBBでWi-Fiルーターを借りる人への注意点
  • Wi-Fiルーターのレンタルサービスの利用料金はGMOとくとくBBとの契約
  • ドコモ光の解約とともにWi-Fiルーターも自動的に解約になる
  • 解約した場合はWi-Fiルーターを返却をしなければならない

こういったデメリットも考慮してみてください。


GMOとくとくBBでWi-Fiルーターをレンタルを利用中の方もう1台欲しい…という人は「おかわりルーター」がおすすめ。

端末代金3,300円(税込)でもう1台。

※「おかわりルーター」はレンタルではなく、買取り。

ドコモ光は遅すぎる?アパート住みの我が家のある日の通信速度

実際に通信速度がどのくらい出ているのかということも気になりますよね。

※通信速度はスマホやパソコンのスペックにもよるので、一概に「全ての端末の通信速度がはやくなる」というわけではありません。参考程度にお読みください。

※GMOとくとくBBでレンタルしているWi-Fiルーターではありません。

我が家の光回線の環境
  • アパート住み
  • 契約プランは1ギガ タイプA マンションタイプ
  • Wi-Fiルーターは2019年に購入して自分で用意したもの

家族がYouTubeを見ていて、同時に私がノートパソコンを開いてネットをしているという状況です。

この状態でノートパソコンの通信速度を計測すると、

こんな感じです。

ノートパソコンの通信速度を計測して下り170.2Mbps出ていることがわかる
Googleのスピードテストを利用。

通信速度を測るサイトは複数ありそれぞれのサイトで計測すると数値が違うのですが、一番低いサイトでも最低100Mbps出ています。

(ちなみにノートパソコンの計測をしている横でiPadも同時に使用中でした。そちらでも計測しましたが、400Mbps出ていました。ですが、こちらも低いサイトの計測では300Mbpsになる場合も)

私のパソコンの通信規格はIEEE802.11ac(Wi-Fi5)に対応しています。

Wi-Fiのリンク速度は433Mbpsです。

ノートパソコン1台だけを使用しているときの実際の速度はこんな感じ。

ノートパソコンのWi-Fiの通信速度
Googleのスピードテストを使用。

Wi-Fi接続している機器はすべて一つの部屋で使用しており、Wi-Fiルーターから1m以内で使っています。電波を阻害する壁やドアもありません。

基本的に快適に使えていますが、時々プライムビデオの画質が荒れる・YouTubeのライブ配信が時々止まるということはあります。ですが、プライムビデオの場合は、最初に画像が荒れてもすぐにきれいな画質に戻るので私は気になりません。

もっと通信速度にこだわりたい!という人へ

ドコモ光では10ギガプランもあります。

こちらは戸建てのみ・エリアが限定的で料金も1ギガより高くなります。

もし興味がある人や、自分の住んでいるエリアが入っているか確認したい人は覗いてみてください。

【公式】ドコモ光 10ギガ

新しいWi-Fiルーターにしたら必ず通信速度は改善する?

Wi-Fiルーターを新しくしても、子機の端末側(スマホ、タブレット、ノートパソコン、スマートスピーカー、ストリーミングデバイスなど。)などが最新の通信規格に対応していなければ、新しく購入した(または導入した)Wi-Fiルーターの実力が発揮できないことも。

私が使用しているノートパソコンやiPad(第7世代)では十分な通信速度が出ています。その理由はどちらもWi-Fi5(IEEE802.11ac)に対応している端末だからです。

では、端末側が最新の通信規格のWi-Fi6や、現在普及しているWi-Fi5に対応していないとどうなるのか?

私の例です。私が現在使用しているスマホの期間は3年10カ月ほど、エントリーモデルで価格もとても安かったです。もちろん性能もお値段未満。

Wi-Fi接続にした場合の通信速度の改善は少しだけ。

スマホの通信速度を測ってみました!

  • 私のスマホの通信規格はIEEE802.11b/g/n(2.4GHzのみ)

通信速度を計測した結果(計測日:2022年1月9日(日)AM12:30)

  • Wi-Fi16.8Mbps(ダウンロード)・18.1Mbps(アップロード)
  • 4G(モバイルデータ通信)→12.5Mbps(ダウンロード)・7.83Mbps(アップロード)

使用したWi-Fiルーターは、 BUFFALO WSR-1166DHP4-BK (記事内で出てきた我が家で使用しているWi-Fiルーターです。)

通信速度の改善を望むのなら、現在使っている端末の通信規格も確認しておきましょう。

光回線を契約する前に

私はすでに今の住居(賃貸)に光コンセントが設置されていました。後は電話して契約するだけという状況だったので派遣工事は必要なし。

もし、賃貸で光ファイバーが敷かれておらず(光コンセントが見当たらず)工事をする必要があるのなら必ず事前に大家さんや管理会社に許可を取る必要があります。

そして、契約の申込みや開通日時間に余裕を持って望んでください。

まとめ

光回線を導入して生活が変わったことやドコモ光×GMOとくとくBBを契約してみての感想となります。

長かったですよね。ここまで読まれた方おつかれさまでした!

簡単なまとめです。

  • ドコモユーザーならドコモ光は利用料金にdポイントがたまったり、ギガプランを契約していると光セット割でメリットがある。
  • Wi-Fiルーターは快適に使えるので特にこだわりがないのならレンタルがおすすめ
  • 「解約するかも…」と考えているなら定期契約なしプランを選ぶか、2年定期契約プランを契約するなら自分の光回線の契約満了月を把握しておく。
  • 自宅に光回線を契約する必要があるのか。家族はネットを使う?

「光回線を契約すると自宅でのネット生活はこんな感じになるよ」というのが少しでも伝わったら幸いです。

お読みいただきありがとうございました。では。

もし、GMOとくとくBBで契約をしたら…

GMOとくとくBBのサイトでBBnaviからログインして自身の会員情報を確認しましょう。

ウェブメールから、自分宛のメールが来ているか必ず確認を。(特にウェブから申し込んだ方!)

会員サポートのページ
出典:GMOとくとくBB 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました