みんなスマホを何年で買い替えているの?

最近、「新しくスマホを買い替えたい」と頭を悩ませているのだけど、事前に知りたいことや気になることが多すぎて「このスマホがいい!」と決められない。

そんなスマホを買う前に知りたいことのひとつ、”スマホを何年使うのか?”この疑問の最適解がわからない。

自分自身が最新の端末に興味がないので、何年使うのがベストなのか全然気にしていませんでした。周囲の人も頻繁に買い替えない派で、私の親はまだフィーチャーフォンを使っています。

このままでは、この悩みが解決できそうにない。

なので、他の人は何年使っているのか、気になったので調べてみました。

まずはデータを見てみよう。スマホ1台を平均何年使うのか?

参考にさせてもらったのは、モバイル白書2021年版

携帯電話の所有期間の年次推移(2016年から2021年まで)
出典:NTTドコモ モバイル社会研究所ホームページ

2016年~2021年の年次推移の表です。この資料から最新の2021年のところを見ていきます。

この資料によると、スマートフォンの平均所有期間は、「1年11か月」。

一番多いのは、1年~1年6か月未満で14.8%。次いで1年6か月~2年未満が14.4%。

この表からわかることは、

  1. 1年以内の短い期間で端末を変えている人がいる。
  2. 2年サイクルで買い替えている
  3. 意外と3年間や4年間使う人も増えている。

ちょっと年単位の円グラフに直してみる。

スマートフォンの所有期間(2021年)の年単位の円グラフ
こんな感じです。

1年未満が最多ですね…!

今のスマホを4年以上使っている(と思う)私からすると、1年や2年での買い替えは短いと感じます。

ですが、1年未満で手放すなら、2年,3年使用した際に比べて高い価格で下取りされます。

Apple Trade Inなら、下取り価格が公表されていますし、ドコモauソフトバンクも下取りプログラムが用意されています。

ちょっと理由を考えてみよう

買い替えるのはこんな理由かな?と想像してみました。

  • 最新の端末を追いかけるのが好き
  • 毎日使っているので、バッテリーが保たなくなってきた
  • 2年定期契約の切り替え期間で、タイミング的にちょうどいい
  • 壊れてしまった
  • 最新のOSにアップデートができない
  • もう1年ごと、2年ごとで買い替えるのが常識になっている
  • ポイントの有効期限が近かったので使いきりたかった
  • 買いたかったから買う

ちなみにフィーチャーフォン(ガラケー)は何年使う?

スマホの所有期間を調べたら、フィーチャーフォンも知りたくなってきました。

ちなみに、ガラケーとフィーチャーフォン、どちらの言葉も指している端末は同じ。

ガラケーという名称は、ネガティブな意味を感じるそうなので、このブログではフィーチャーフォンという言葉を使います。

個人的に、フィーチャーフォンを使っている人は長期間使っているイメージがあります。自分の親を見てもそう思う。

実際のところはどうなのでしょうか?

参考にしたのは、さきほどと同じモバイル社会白書2021年版の第1章 携帯電話の所有・利用状況の[資料1-6a]携帯電話の所有期間の年次推移より。

出典:NTTドコモ モバイル社会研究所ホームページ

フィーチャーフォンの平均所有期間は「5年2か月」。スマホの平均所有期間は「1年11か月」だったので、圧倒的に長いです。

フィーチャーフォンの主流は3G回線で、各キャリアは3G回線のサービスを終了することを発表しています。

3G回線終了の時期

ドコモauソフトバンク
2026年3月31日2022年3月31日2024年1月下旬

「フィーチャーフォンを使えなくなるの?」と思うかもしれませんが、4G対応のケータイ(ガラホ)も販売されています

現在のフィーチャーフォンとまったく同じ外観ですが、回線は4Gを利用しています。ただ、同じ4G回線のスマホと同じように使えるわけではないようです…。

参考にした記事:ガラホの魅力を徹底解説!ユーザーに聞くリアルなメリット・デメリット紹介(しむぐらし格安SIMでちょっと良い暮らし)

  • 折り畳みの形が気に入っている
  • ボタンを押すことに慣れている
  • スマホはどうも難しい…

という人は、ガラホという選択肢もあります。

まとめ

多くの人がガラケーの所有期間より短い期間で、スマホを買い替えていることがわかりました。

1年未満で買い替える、2~3年で買い替えるサイクルが、一般に定着しているのかもしれません。

それぐらいが快適に使える期間なのかもしれません。

特に、スマホは通話やLINEなどのコミュニケーションだけではなく、日々の買い物ではおさいふケータイやPaypayなどで決済もできますし、通勤にモバイルSuicaはあると便利です。

1日に何時間も使用するヘビーユーザーなら、快適さを追求するのは当然ですし、バッテリーの減りもはやくなってきます。

ここまでお読みいただきありがとうございました!では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました