iPad(第7世代・ホームボタンあり)を愛用していてあまりSiriにあまり話しかけないのだけれど、設定は何をすべきか?

iPadを購入したけど、あまりSiriを活用していない。

時々、Siriに話しかけるけど、まだまだ”画面に話しかける”という行為に慣れず、気恥ずかしさの方が勝ってしまう。

なので、使わないです。使用するのは本当に時々で、タイマーをお願いするぐらい。

「使わないよ!」という人は設定をオフにできますよ。

私はこのまま使わないかもしれないけど、設定をオフにする前にSiriのことをちょっと調べてまとめてみました。

もしお時間があれば、お付き合いください。

「そんなの興味ないよ。」という人は、目次から「使わないので設定をオフにする」に飛べますのでどうぞ。

Siriでどんなことができるの?

使いこなしている人にとってはもう当たり前の存在。

対して、一度もiPhoneやApple製品(大昔にiPodだけ)を使ったことのなかった私には「どう接すればいいのだろう?」という存在。

っていうか、まずSiriで何ができるの?どのくらい普及しているのか?というところから調べてみよう。

Siriで何ができる?

「Hey,Siri」と声をかけると、「ポポンっ」という音で返事をしてくれます。

一度もSiriを使ったことがない人でも、なんとなく使い方はわかるという方が多いでしょう。

あまりよく理解していない私は、「Siriは私たちとただおしゃべりをしてくれるだけなの?」と考えてしまいます。

しかし、こんな疑問を口に出したら、Apple製品を愛用している先輩たちから「そんなことないよ!いろいろできるんだから!」というお叱りの声が聞こえてきそうです。

ですが、初心者の私は何ができるのかまだよくわかっていません。

こんなときは、ネットで調べてみます。

AppleのSiriについてのページを参照するとSiriでできる操作がすべてわかるようになっています。

Siriでできること

  • 電話をかける
  • メッセージを送る
  • 届いたメッセージを読み上げてくれる

それだけでなく、

  • アラームの設定
  • リマインダーの設定
  • カレンダーの確認

などの、日々の予定の管理やアシスタントもしてくれる。

いやいやまだまだある。

音楽だってかけてくれるし、スマート家電をコントロールして電気も付けちゃうし、計算だってしてくれる。

あんな
あんな

…なんでもできるんだなぁ。すごい。

タイマーでしか使っていないなんて宝の持ち腐れかも。

Siriに対応しているデバイスはiPadやiPhoneだけでなく、iPod Touch、AirPods、CarPlay、Apple Watch、HomePod、Macに搭載されている。

参考:お使いの全てのAppleデバイスでSiriを使う(Apple)

Apple製品にはなくてはならない存在ですね。

登場したのは2012年。現在どのくらいの人が使っているのか

Siriが登場したのは、2012年3月8日(日本語対応)。iPhone4sから搭載されました。

音声アシスタント、バーチャルアシスタントという位置づけ。

2012年から2021年の9年間もの長い間Apple製品に搭載されているSiri。では、どのくらいの人がSiriを使っているのか。

おそらく、多くの人がSiriを利用する端末は、iPhoneだと思います。

まずは、iPhoneが日本でどれだけ普及しているか見てみましょう。

参考にさせてもらったのは、株式会社NTTドコモ モバイル社会研究所の『モバイル社会白書2021年版』です。

・Android・iPhone別では、2021年のAndroid比率は53.2%、iPhone比率は46.8%。

引用:モバイル社会白書Web版の[資料1-1b]最もよく利用する携帯電話(1台目)の年次推移(単一解答)[Android・iPhone別]より

少しAndroid優勢ですね~。iPhoneのシェア率は46.8%ですね。このことから、スマホを利用している人の半数近くがiPhoneを使っていることが分かります。

iPhoneの普及率は高いですが、Siriの利用率は低いようです。

モバイル社会白書2021年版より『音声認識機能の利用率の年次推移(複数回答)』より2021年のSiriの利用率は7.9%。
引用:モバイル社会白書Web版の第3章コンテンツとメディアより

同じくモバイル社会白書2021年版の資料によると、Siriの利用率は7.9%。全体の数字を見ても分かる通り、音声入力はまだまだ利用している人が少ない状況です。

余談ですが、私もSiriはあまり利用していませんが、Fire TVのAlexaにはよく話しかけます。

その理由は、リモコンでテキスト検索をするより、Alexaに話しかけた方がはやいことが挙げられます。この場合は、音声入力の方が便利。というより、リモコンでの手入力の検索が結構面倒くさい…

ですがiPadの場合、Siriを利用しなくても困りません。

手で直接タップ、Apple Pencilで書き込む等の他の入力方法で、今のところは十分便利です。

この場面では音声入力が便利!というときは利用しますね。

音声入力って怖くない?プライバシーは?

やっぱり気になりますよね。個人情報流出のニュースはよく聞きますし…。

Appleは個人情報の保護について強化を図っています。

Appleは、プライバシーは基本的人権であると考えています。製品はユーザの個人情報を守るように設計しており、常に保護機能の強化に努めています。これはAppleが提供するサービスについても当てはまります。

引用:Siriのプライバシー保護とグレーディングについて(Apple)より

企業がどういった個人情報を集めているか知るのも大事ですが、自分でも設定を確認することも大事です。

おすすめの記事

ブログ:Apple信者1億人創出計画の管理人:うぉずさんの記事です。

>【iPhone】あなたの個人情報ダダ漏れですよ?7つのセキュリティ設定を今すぐ見直すべし

この記事を見ていろいろと自分のiPadの設定を見直し、助かりました。

iPhone向けの記事ですが、はじめてiPadを購入した人も必読です。

Siriは役立たず?そんなことはありません

Siriのことを調べている途中、検索結果「Siri 役に立たない」という言葉が目に入る。

そんな印象を持つ方もいるみたい。

ですが、これは「Siriが便利だな」、「Siriを使ってみたいな」と思う場面があります。(この項目はiPadではなく、iPhoneでの利用の話です。)

それは、CarPlayです。車の運転時にiPhoneをCarPlayに接続。

運転中は手が離せませんし、走行中にカーナビの画面を操作するのは危険です。

こういった場合は、音声入力が便利です。

ナビの操作に手を動かす必要がありませんし、画面を注視しなくても大丈夫です。音楽をかけたり、マップの表示、家族や友達とのメッセージ、音声通話のやり取り。これはSiriに頼った方がいいかも。

こんな時にも活躍?突然倒れた身体が動かせない、そんな緊急事態にSiriで救急車を呼んだ人も。

ブログで書かれているので紹介します。

>倒れて動けなくなってSiriから救急車呼んだ話

(とあるオタクが世界的パフォーマーに。より)

>Siriに救急車を呼んでもらった話

(さらばよ、さらばより)

私はiPhoneを持っていないので、緊急通報の方法についてわかりやすく説明されているブログがありましたのでそちらを。

iPhoneで救急車を呼ぶ方法を確認してみた|動けない時はどうする?

(がんばらない暮らしのブログより)

普段はSiriを使用しない人でも、Siriで(iPhone)緊急通報の仕方は一度確認しておく必要がありますね。

Android方の緊急通報の仕方はこちら

Androidスマートフォンを使用して緊急時に支援を求める(Androidヘルプより)

iPad(第7世代・ホームボタンあり)でのSiriの呼び出し方法を確認

Siriでどんなことができるか分かったかなと思います。

Siriを使うためには、Siriに呼びかけて、Siriが応答できる状態で頼み事をします。

呼び出し方法は2つ

  1. ホームボタンを長押ししてSiriを呼び出す
  2. ”Hey,Siri”と呼びかける

設定を変更していなければ、この方法で呼び出せます。

呼び出した後に、Siriが画面に現れます。そうしたら、頼み事をします。

使わないので設定をオフにする

まず、設定Appを開き、Siriと検索

ここで画面に表示される

  • ”Hey,Siri”を聞きとる
  • ホームボタンを押してSiriを使用
  • ロック中にSiriを許可

の3項目を全てオフにする。

iPadの設定Appに行き、Siriと検索へ
この状態では緑色はオンの状態。

そうすると「Siriをオフにしますか?」と表示されるので「Siriをオフにする」を選択。

「Siriをオフにしますか?」というメニューが表示され、「Siriをオフにする」を選択する。
「Siriをオフにする」をタップ。
Siriの設定がオフになった。

これでOK。

※「ロック中にSiriを許可」をオンにする時は、パスコードの入力を求められます。

最後に

「Siriを使うのが恥ずかしい…。使わない…。」それなら、設定をオフにすることを記事にしよう!と思い、この文章を書き始めました。

しかし、Siriについて調べてみると、当初の印象の「使わない…。」から「あれ?便利じゃん。」と良い方向に印象が変化。

これから、IoT家電も増えてきますし、音声入力の機会も増えてくると思います。

必ずしもSiriの機能を全て使いこなせる必要はありませんが、どう呼び出すか何に使えるのか知っておくことは損ではないと思いました。

おまけ

Siriに「ありがとう」と伝えてみると、「どういたしまして。」と答えてくれます。ちょっとほっこり。

Siriに「ありがとう」と伝えたときの反応。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました