iPadOS16が来た!iPad(第7世代)をアップデートだ!

iPad初心者脱出

2022年10月25日、新しいiPadOS16が登場しました。

早速、私の愛用しているiPad(第7世代)をアップデートです。

iPadOSをアップデートする方法は3つあり…

iPadをアップデートする方法3つ
  • iPadを自動的にアップデートする
  • 手動でアップデートする
  • コンピュータを使ってアップデートする

参考 iPadOSをアップデートする(iPadユーザガイド)

今回は「手動でアップデートする」という方法でやってみました。

では…さっそく、おっと行動に移す前に確認しておくことがあったような…。

今までアップデートが来たらすぐに実行していました。が、ちょっと立ち止まって何が必要かを確認しておきます。

Appleのサイトになにかヒントはないか確認してみます。

iOS16やiPadOS16にアップデートする(Appleサポート)

上のページで分かったことはこんな感じです。

iPadのアップデート前に確認すること
  • バックアップを作成する
  • 充電する
  • Wi-Fi接続にする
  • パスコードの入力があるので思い出しておく

充電しながらなんですね…。

バックアップを確認する前に、充電を始めておきます。

あんな
あんな

私のiPad(第7世代)はLightning端子です!

2022年の秋モデルのiPad(第10世代)はUSB-Cに変わりましたね。

バックアップを作成する

それではまず、「バックアップを作成する」から。

私はiCloud(アイクラウド)でバックアップをしようと思っています。

まずは、iCloudの空き容量を確認しておきます。

流れは「設定」>「自身のApple ID」>「iCloud」で自分のiCloudの残りのストレージ容量を確認です。

私のiCloudは無料プランなので使用できる容量は5GBまで。

確認したところ、1.5GB/5GBを使用中なのでまだ容量に空きがありますね。

iCloudストレージ容量

関連記事

無料プランで足りそうなのでiCloud+をダウングレードする

次に、バックアップを確認します。

「iCloudバックアップ」をタップ。

今すぐバックアップを作成」の近くに小さな文字で「最後に作成されたバックアップ:今日 10:55」とあります。

最後に作成されたバックアップ

私は「このiPadをバックアップ」をオンにしておいたので、自動でiCloudバックアップがされていたので、新たに実行する必要はありません。

このiPadをバックアップがオンになっている

この機能をオンにしていない人は「今すぐバックアップを作成」でバックアップします。

「今すぐバックアップを作成」をタップ

これで準備はOK!

iPad本体の内部ストレージの空き容量も確認

iPad本体の内部ストレージの空き容量も確認しておきます。

iPadを購入する時に32GBか128GBのどちらかを選びましたよね?(第9世代から容量の選択肢は64GBと256GBになりましたね。)

「設定」>「一般」>「iPadストレージ」と進んでいくと、ストレージ使用量を確認できます。

iPad内部ストレージの空き容量

こちらもぎりぎり空き容量があったので大丈夫そうです。

関連記事

iPadの内部ストレージ32GB。足りない!対策を考えてみる

私のiPad(第7世代)はiPadOS16に対応しているのか調べる

次に、私の持っているiPadが最新のiPadOS16にアップグレードできるのか確認します。

私のiPadは第7世代で2019年に発売されたモデルです。

この第7世代がiPadOS16にアップデートできるのかAppleのサイトで確認します。

確認方法なんですけど、iOSやiPadOS16にアップデートするのページの「互換性を確認する」で確認できます。

「互換性を確認する」のWebページを開くと、iPadOS16に対応しているデバイスの一覧が表示されるので、そこから自分の愛用しているiPadの世代を探します。

iPadOS16をiPad(第7世代)にインストールする

やっと本題のアップグレードまで来ました。

今度はiPadOS16をインストール~アップデートされるまでの手順です。

手順
  • はじめに
    iPadが充電されていることを確認し、Wi-Fi接続を確認
    Wi-Fiのアイコンと充電中
    画面右上のアイコン2つを確認します。
  • STEP1
    「設定」Appをタップし、①「一般」>②「ソフトウェア・アップデート」へ
    「一般」>「ソフトウェア・アップデート」へ
  • STEP2
    「ソフトウェア・アップデート」の画面へ
    ソフトウェアアップデートでiPadOS15.7
    現在のOSが「iPadOS15.7」と表示されています。
  • STEP3
    「iPadOS16にアップグレード」をタップ
    「iPadOS16にアップグレード」をタップ
  • STEP4
    「ダウンロードしてインストール」をタップして

    「iPadOS16.1」の概要と容量が記載されているので読んでから、「ダウンロードしてインストール」です。

    「ダウンロードしてインストール」をタップ
  • STEP5
    「パスコードを入力」する
    iPadにパスコードを入力
    パスコードを覚えていますか?
  • STEP6
    利用規約にしっかりと目を通し、「同意する」をタップ

    利用規約に同意したら待ちます。

    iPadの画面に残り時間が表示されるので、時々確認しながら他の作業をします。

    ダウンロード中

  • STEP7
    「ダウンロード済み」になったら「今すぐインストール」をタップ

    ダウンロードが終わりました。

    今度はインストールです。

    「今すぐインストール」をタップ

    その後一旦、電源が落ち、りんごマークが表示されます。りんごマークの下に進捗状態が確認できるバーが表示されます。

    因みにインストールが終了するまでにかかった時間は約26分

  • STEP8
    再度パスコードの入力が求められ、入力するといつもの画面に戻ります。

    すぐにいつものホーム画面に戻りましたが、ウィジェットの読み込みに少し時間がかかりました。

    待ちます。

  • 最後に
    アップデートされているのかを確認

    ウィジェットの読み込みも終わりました。

    iPadのホーム画面を確認してみると「あれ?どこが変わったのかな?」と疑問に思ったので、iPadOS16にアップデートされているのかどうかをもう一度確認します。

    「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」と進み、アップデートができたかを確認。

    iPadOS16.1

    できていましたね!

おつかれさまでした!

iPad(第7世代)はステージマネージャに対応していない?

iPadOS16の目玉機能の「ステージマネージャ」は、私のiPad(第7世代)では対応していませんでした…。

(´・ω・`)

「ステージマネージャ」に対応しているiPad
  • iPad Air(第5世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代以降)
  • 11インチiPad Pro(第1世代以降)

※2022年10月25日時点

まとめ

おつかれさまでした!

アップデートは時間がかかるので、「手動でアップデートする」となると、まとまった時間が必要ですね。私の場合はインストールに約26分かかったので、30分程度の時間の余裕を見てもよさそうです。

アップデートの感想ですが、「天気」Appがかっこいいですね!あとSiriの声が人間らしくなりました!私は前の機械的な感じも好きでしたが…。

関連記事

iPad(第7世代・ホームボタンあり)を愛用していてあまりSiriに話しかけないのだけれど、設定は何をすべきか?

ここまでお読みいただきありがとうございました。では。

「あれ?スクショの時間が合っていない」と気づいてしまった人へ

iPadOS16アップデート手順の一連の画像はその日の内に撮ったものですが、他のストレージの画像は後から記事を補足するために撮り足したので別日・別時間になっています。

少し違和感があるとは思いますが、ご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました