kindle Paperwhiteを充電のためにPCに接続したらドライブが壊れているという表示が出た

うそ?どういうこと?

壊れたの?もう電子書籍読めないの??

などと焦る。

対処できたので備忘録。

心が落ち着かないままWindowsの指示に従う。

「ドライブを修復する」をクリックする。

(その前にバックアップを取った方がよかったらしいです。)

結果「エラーは検出されませんでした。」

こんな表示が出てきました。

そうなんだ…。壊れていないってことだよね。よかったよかった。

デバイスの状態が気になるので中身を確認する。

Kindleが壊れてないって安心したけどデバイスの状態が気になるので中身を確認する。

PCにUSBケーブルを直接つなげているのでちゃんとした手順で取り外します。

注意そのまま取り外すと危険です。

PCの電源を切らずにUSBケーブルを取り外す手順

Windows10の場合です。

「USBケーブルを取り外す」手順ですが、実際にPCから切り離さなくてもそのままKindleの画面を確認できます。

  1. まず、タスクバー(デスクトップの画面下)の「隠れているインジケーターを表示します」のアイコンをクリックします。
  2. 「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリックする。
  3. 「Internal Storageの取り出し」をクリック。
  4. そうすると、「ハードウェアの取り出し」というメッセージが出るのを確認。
  5. USBケーブルで繋がっているKindle本体の画面を確認する。USBドライブモード→普段のKindleのホーム画面に切り替わる。
  6. 普段のKindleの操作で電子書籍を開いてみる。ちゃんと読めるので大丈夫。

終わりに

「ドライブが壊れている」って表示が出てきたときはすごく焦ったけど壊れていなかったです。

Kindle Paperwhiteは購入してから1年以上経っていたし、「ついに買い替えかぁ…」とテンションだだ下がり。

毎日使っているので壊れるのも妥当かなと思ったけどまだまだ頑張ってもらいます。

よかった~。ひと安心。

同じく「いきなりエラーが出た!」という人にお役に立てれば幸いです。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました