Excelで手帳のリフィルを自作する

パソコンの操作に少しでも慣れるために、手帳のリフィルをExcelで作ります。

用意するもの

  1. パソコン
  2. Excel
  3. コピー機
  4. ルーズリーフ
  5. バインダー

まず、リフィルをはさむバインダーとルーズリーフを用意します。

バインダーはキングジムのテフレーヌとキャンパスのルーズリーフバインダー。

ルーズリーフは、マルマン。(家にあった)

どちらもA4とA5サイズのものをつかっています。

リフィルを印刷するときにはコピー用紙ではなく市販のルーズリーフに印刷しています。

コピー用紙に印刷する場合は穴あけパンチがあると便利です。

カール事務器のやつ欲しい…。

次に、テンプレートを用意します。

「Officeテンプレート」で検索すると出てきますが、自分で用意したものを使います。

リングノートに枠線を手書きし、そこに毎日の予定を書き込んでいました。これをExcelのテンプレートとして利用します。

パソコンを起動して、Excelでリフィル作り

手順

1.レイアウトタブから設定する。

   サイズ、印刷の向き、余白を調整する。

   作るリフィルのサイズによって毎回設定する。

2.自分で作ったテンプレートをもとにセルに文字や時間を入力していく。

3.列や行の幅を調整する。

  このとき、表示モードをページレイアウトにしておくと定規が表示されるので㎝の幅を見ながら作業ができるので便利。

4.セルに罫線を引く。

5.フォントを決める。

6.フォントの色や罫線の色を変更する。

  フォントの色や罫線の色を考える時は、自分が使っているまたは自分が使いたいペンの色を考慮します。

ここで私の失敗談を1つ。

わたしの場合は黒のボールペンをメインに使っています。

罫線を黒色にすると自分の書いたボールペンの文字色と罫線の黒色が互いに主張してしまいます。

しかも黒色を使って印刷すると裏面にも影響が。

裏にも印刷したいのでこれはいただけないなーと。

罫線が黒色だとその上にメモ書きをしても文字が見えないしね。

「だから市販のノートは薄い色を使っているのか!」と当たり前のことに納得しました。

フォントの色と罫線の色が決まったら、デザインタブのテーマをクリックし他のテーマにカーソルを合わせると色が変わるので楽しいです。

7.印刷イメージを確認する。

記入漏れがないか、変なところに罫線が引かれていないかを確認します。

8.作成したものを印刷する。

9.印刷したリフィルを確認。

ここで「やっちゃった…」っていうミスが多いです。さっきちゃんと確認したのに…。

ここでさらに調整。

10.直したものをふたたび印刷。

(最初に印刷したものはメモ紙行き。)

これで完成!

リフィルを作った後は…

使います。がんがん。

自分で使ってみると「この色合い違う」「ここ直したい!」などまた作りなおしたい欲が出てきます。

なのでガンガン使う→Excelのデータをちょこちょこ直す→印刷→使うということを繰り返していきます。

ちなみに、わたしはパソコン初心者なのでExcelの参考書を1周してからリフィルづくりにのぞみました。

記事では順番通りに並んでいましたが、実際はこんなにうまくいきませんでした。何度も直したり、ひとつ前の作業に戻ったり、考えすぎたり…。

作業は大変です。市販の手帳のリフィルを買った方が楽です。

ですが自分仕様のリフィルが作ることができたので大満足です。

これからも色々作ろ~。

ここまでお読みいただきありがとうございました。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました