iPadでKindle Appを使うと自分の読書記録が見れる!

iPad初心者脱出

毎日、iPad(アイパッド)のKindle App(キンドル)を使って読書を楽しんでいると、いつの間にかAppに自分の読書記録がとられていることに気付く。

ふとKindle Appのホーム画面を下にスクロールすると読書記録が表示されていた。

以前よく目にしていた読書記録がいつの間にかホーム画面から姿を消し、「どこに行ったんだろう…?」と不思議に思っていました。

「もう無くなっちゃったのかな?」と思いましたが、一応App内を探してみます。

あった!

「その他」から確認できるようです

今回は、”iPadのKindle Appで読書記録が見れるよ”という報告です。

気になる人はぜひ自分の端末でも確認してみてくださいね!

こんな感じでKindle Appを使っています!

使用端末 iPad(第7世代)

家族共有の端末ではなく、自分専用。だから、私だけの読書記録になりますね。

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

App内のどこで確認する?「その他」をタップ

Kindle Appを立ち上げたら、ホーム画面の下部分にメニューが表示されていることが確認できる。

「ホーム」「ライブラリ」「カタログ」「その他」とある。

このアイコンバーはKindle本を開くと、消えてしまう。

もう一度見るには、Kindle本を閉じてホーム画面に戻るとまた確認できる。

自分の読書記録はどこで確認できるのか?

「その他」>「読書の詳細情報」とタップしていくと確認できる。

キンドルアプリの画面

このページに表示されるのは

  • 読み終わった本
  • 連続読書記録トラッカー
  • 各月の読書日数
  • あなたの読書記録

この4つ。

読み終わった本」では、今までに読んだ本の表紙が横に並んでいる。

最新の読み終わった本の表紙が並びの一番左に来ていて、この部分を右から左にスワイプすると以前に読んだ本をさかのぼることができる。

読み終わった本
今年の目標は88冊。他の年も閲覧可能。

2022、2021、2020、2019と西暦が表示されていますね。

iPadを購入したのは2020年2月ですが、Kindle自体の利用は2019年から。過去に何を読んだかも振り返ることが出来ます。

Kindle本の表紙を長押しすると…どうなる?

選択肢がすぐ下に表示される。

詳細情報」と「これをカウントしない」の2つ。

詳細情報」で本のページに飛び、「これをカウントしない」をタップすると集計から削除されます。

元のKindle本の表紙だけに戻るには、もう一度、本の表紙を長押ししましょう。そうすれば、先ほどの「詳細情報」と「これをカウントしない」という選択肢は消えます。

連続読書記録トラッカー」では、読書を継続した日数または週数カウントされている。

当月のカレンダーも表示され、読書をした日が青く塗りつぶされていて1か月にどのくらい読んだかということが一目でわかるようになっている。

連続読書記録
濃い青の部分が読書した日。もちろん前の月も見ることが可能。

各月の読書日数」は、その月に何日読んだかを月別に棒グラフで6か月分を確認できます。

各月の読書日数
最新の棒グラフは一番左に

あなたの読書記録」には、「読書でうまくいったこと、最もよかったこと。」と説明が書かれています。私の場合は、「今週の連続読書時間」と「今日の連続読書時間」が表示されていますね。

人によって違うのでしょうか…。気になる。

あなたの読書記録
へ―。

簡単な記録なのですぐ見終わってしまいます。

カレンダーの読書記録はスタンプカードみたいでどんどん自分の行動(=読書)に判が押されたまっていく。

「今月はこんなに読んだのか~」と感慨深い。

時々、自分の読書記録を振り返ってみてもいいですね。

今年に読む本の目標数を設定する

さらっと見ただけでは見逃してしまうかもしれませんが、「読み終わった本」に「目標を編集します」との青文字があります。

ここで1年間の読書の目標冊数を設定することが出来ます。

数字を入力するだけ。

読書の目標を変更する
同じ色なのでタップしようか迷いますね…。

「目標を編集します」をタップすると、目標冊数を設定することが出来ます。

具体的な数値目標を入力
数値を入力したら「完了」をタップして終了!

目標冊数はいつでも変更可。

現時点で何冊読み終わったかも表示されています。

目標の数字を何冊にしようか迷う人に提案です!

いきなり年間という枠組みで考えずに、もっと身近な毎月の目標を決めちゃいましょう。

毎月の目標数×12か月=1年間の目標数

という計算はどうでしょうか?

例えば

毎月の目標を10冊にしてみると…

10冊(1か月)×12か月=120冊

「1年で120冊かぁ…。うーん。これじゃ多いかな?」と思う人は

毎月の目標を4冊にしてみると…

4冊(1か月)×12か月=48冊

こんな感じで目標数を決めてみると、実感がわいてきます。

1週間に1冊読むことを目標にすると月4冊を達成できます。

iPadのメモやノートAppに読書記録をつけても楽しいかも。

関連記事

iPadでKindle Appを使うメリットとデメリット

読書習慣を身に付けるのにKindle Paperwhiteを毎日のお風呂のお供にしてみようのススメ

まとめ

自分の読書記録が見れます。

年単位で見ると、「今年はこれぐらい読んだのか」と感慨深いし、他の年に切り替えてみると「えっ?思ったより少ない…。」なんて感じることも。

こんな風に読書記録を振り返ってみてわかることは、意外と自分がどのくらい読んでいるかを正確に把握していないんだな、ということに驚きました。

自分の感覚と実際にした行動は違うみたいですね。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。では。

関連記事

Kindle Unlimitedを契約して結構経ったので感想

KindleとiPadを併用して場所を選ばず読書する

コメント

タイトルとURLをコピーしました