KindleとiPadを併用して場所を選ばず読書する

iPad(第7世代)

我が家には、Kindle Paperwhite(第10世代)とiPad(第7世代)がある。

Kindleは電子書籍用端末ですが、iPadにもKindle Appをインストールして、漫画や雑誌を楽しんでいます。

どちらの端末も同じAmazonアカウントでログインしているので、読書内容が共有されていますが、これが便利。

私は普段、お風呂に入るときにKindle Paperwhite(第10世代)を愛用していて、居間ではiPadでという感じで使っています。

電子書籍端末とタブレットを、場所や役割によって使い分けています。

それぞれの端末の使い分け
  • Kindle Paperwhite(第10世代)→テキスト主体の書籍
  • iPad(第7世代)→漫画や雑誌、固定レイアウト型の電子書籍

iPadで読書をしていてお風呂に入る時間になり、ここで一旦読書をやめる。

湯船に浸かり、お風呂に持ってきたKindle Paperwhiteで、さっきまでiPadで読んでいた電子書籍の表紙をタップする。

少し時間が経つと画面下になにやら表示が。

別の端末で読んでいた電子書籍の続きが画面下に表示される。
「×」をタップすれば表示が消えます

出てきた表示の「位置№190まで進む」をタップします。

そうすると、さきほどまで読んでいた位置にページが飛び、そのまま読み進めていくことができます。

あんな
あんな

iPad→Kindle、Kindle→iPadどちらの順番でもOK

複数端末を持っている人には当たり前かもしれません。

ですが、ついこの間までガジェットに触れてこなかった人間からすると、ただただ「すごい!」と感動しました。

こんな場合にも使えるのでは?と想像してみる

ベッド

居間でiPadで読書し、寝室にはKindle(キンドル)を置いておき、寝る前に読書の続きをする。

関連記事⋙iPadでKindle Appを使うメリットとデメリット

これなら端末を各部屋に置いておき、わざわざiPadを寝室に持ち込む必要がありません。

iPadを布団に持ち込むとつい触ってしまいます。

そして、アプリを閉じた後に「明日は寝る前にiPadを触らずにもっと早く寝よう。」と自分に嘘の宣言を誓い、目を閉じる。

そんな嘘の約束をするならタブレットを持ち込まず、Kindleで読書する。そんな提案です。

Kindleなら

  • iPadより軽く、熱を持たない
  • 読書専用端末なので、読書に集中できる
  • 目に優しいフロントライト式を採用

といった利点があります。

あんな
あんな

寝室にiPad持っていくと、ついYouTube見たくなっちゃうんですよね…。

ちなみにKindleとiPadの重量の違いです。

端末Kindle Paperwhite(第10世代)
Wi-Fiモデル
iPad(第7世代)
Wi-Fiモデル
重さ182g483g
あんな
あんな

↑は各端末の単体の重さですが、私のiPadは普段、端末本体+カバー+Apple Pencilで使用していて、その状態で測ったら781gありました!

身近な物の重さと比較すると、500mlのペットボトル1本=500g強の重さになります。

参考までに。

Whispersync機能がオンになっているので複数端末の利用でも同期される

本の上にしおり代わりの花

同じアカウントで利用すれば、端末を超えて「どこまで読んだか」を自分で記憶しておく必要がなく、別の端末で読書がスムーズに続けられる。

これは「Whispersync」という機能らしい。

読書の続きだけでなく、メモやハイライトも同期できます。

私のように複数の端末で同一アカウントで運用している場合、いつの間にか同期されていて快適に使えているので最近までこの機能に気付きませんでした。

ちなみに設定をどこで確認するかというと、Amazonにサインインして「コンテンツと端末の管理」でオンになっているか設定を確認できます。

関連記事⋙iPadのKindle Appの電子書籍のダウンロードがいつもより遅い

iPad+Kindleじゃなきゃダメ?いえいえ、Android+Kindleでも大丈夫です。

手持ちのスマホ(またはタブレット)にKindleアプリをインストールして、同期します。

毎回、アプリを開くたびに同期をタップしなくても大丈夫。

もちろんKindle端末複数持ちも。もちろんiPhoneも!

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

まとめ

端末が2つあるからこんな贅沢な使い方ができるのかも。

端末が違っても、スムーズに読書が続けられる。紙の本しか知らなかった時代から比較すると、想像すらしなかった未来が来ていますね…!

もちろん、「もうやっているよ」という人の方が多いかもしれません。

ですが、知らなかった人にはおすすめ。

読書環境をあと少し快適にするのにどうでしょう?

ここまでお読みいただきありがとうございました。では。

関連記事⋙Kindle Unlimitedを契約して結構経ったので感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました