家族がスマホになかなか変えたがらない…前向きに検討し始めたときはどんな感じ?

ガジェット

2022年、現在多くの人がスマホを所有しています。

日本人の大多数がスマートフォンを所有し、生活にはなくてはならないものとなっています。

全世帯でスマホを所有している人の方が多数派です。

ですが、フィーチャーフォン(ガラケー)からスマホに変更する予定の人はまだまだいます。

中には「スマホに変えるのはちょっと…」と抵抗がある人もいるかもしれません。

この記事が想定する”スマホに移行すること”に抵抗のある人
  • 自宅にパソコンはある(または無い)けど、あまり使いこなしていない
  • スマホを買っても使いこなせないと思い込んでいる
  • ネットが何となく怖い

私の親(60代)もこういった理由から、フィーチャーフォンからスマホに変更することに対して強く抵抗していました。

ですが今、フィーチャーフォンを使っている親が最近はスマホを持ちたいと前向きに考えるようになりました。

そういった気持ちの変化が起こる前に何があったのか書き綴ってみようと思います。

ガラケー持ちの親が「スマホにする!」と気持ちが変化する前に起きたこと

拒否している女性

私の親は現在、自分自身がケータイからスマホに変えることを前向きに捉えていますが、少し前までは「絶対にスマホに変えない!」と頑なに拒んでいました。

その理由を聞いてみると「使いこなせないから。」とか「怖い。」との返答が。

もうスマホに慣れている側から見ると、「とりあえず契約して使い始めちゃえば何とかなるのに…」と思ってしまいます。

が、自分がフィーチャーフォンからスマホに契約変更するときも結構大変だったなということを思い出しました。

使ったことがなく、触り方も知らない家電を買うのに「いきなり使えなくなったらどうしよう…。」という不安が私にもあったことを覚えています。

そんな感じでスマホに変えることが怖かったようですが、最近では積極的に「スマホにしたい!」と気持ちの変化がありました。

なぜ、そんな風に気持ちが変わったのか?とその理由を考えてみると、その前にいくつか出来事があったことを思い出しました。

その出来事を箇条書きにしてみます。

  • 娘である私が目の前でスマホやタブレット、PCに触れているのを毎日目にしていた。「あれ?自分は”スマホを使いこなせない”なんて思っていたけど、もしかしたら自分も使えるんじゃないかな?」と意識が変わってきた。
  • 昨今の事情で、初めてのZoomデビューをした。
  • 周囲の友達や同僚が次々とスマホに変え始めた
  • 何かわからないことがあった場合、パソコンを使って自分で調べるようになった。(自宅にパソコンはあるけど、自発的に利用することは少なかったです。)または、わからないことがあったらすぐ相談できる存在が身近にいる。
  • フィーチャーフォンをずっと使っていて、子供たちや友達がスマホに変えてから、写真を撮る・送ることが億劫になってしまった。(スマホからフィーチャーフォンに画像を送信したけど、ファイルが大きすぎてフィーチャーフォンでは見れなかったのでそこから写真のやりとりをやめてしまった。)だけど、スマホにしたら、写真のやり取りができる!と楽しみが増えた。
  • Fire TVを購入したので、テレビでYouTubeを見始めるように。好きなアーティストのインスタやTwitterにも興味を持ち始めた。最近はYouTubeにもショート動画がたくさん公開され、ミュージックビデオを見るだけの用途だけではなく、YouTubeや他のプラットフォームの存在を知った。このことによりネットが前より身近な存在に。
  • 病院の診察のためにWeb予約(またはネット予約)を利用するようになった。待ち人数がスマホから確認できるということを知った。

こういった環境の変化もあり、親自身のスマホに対する苦手意識が減り、自分の生活に必要な物だと考えが変わったようです。

特に、スマホを購入したら具体的にやりたいことが本人の中で決まったことが大きいと感じました。

これから楽しみにしていること
  • 友達とのメールやLINEのやりとり
  • 自分で写真を撮って友達や家族に写真を送りたい!

「スマホにすれば、楽しい生活になるのでは?」と期待しているのだと思います。

まとめ

家族がスマホに前向きになった出来事を書いてみました。

現在、フィーチャーフォンを使用している人をスマホに変更してほしいと思っても、本人が乗り気でないとスマホへの移行は難しいです。

なので、本人が「スマホに変えたい!」という気持ちが出始めたときにおすすめすることが、タイミング的にはベストかなと考えています。

特に、「スマホで写真を撮って友達や家族に送りたい!」「LINEでやりとりしたい」「Zoomで離れた家族と話したい」と使いたいアプリやスマホを持ったら具体的にやりたいことが決まり、本人のモチベーションが高まっているときなど。

そういう時は、こちらの意見や提案も素直に受け入れてくれるので話し合いが捗ります。

逆に、「スマホなんかいらない」と考えている人の意見を変えることは難しいと感じます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。では。

”スマホに変える人に伝えたいこと”をこっちの記事にも書いたので、よろしければこちらもどうぞ。

関連記事⋙家族がガラケーからスマホに変える予定のドコモユーザーへ、ファミリー紹介のエントリーは済んだ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました