iPadの内部ストレージ32GB。足りない!対策を考えてみる

iPad初心者脱出

iPad(第7世代・2019年モデル)を2020年に購入して、2022年5月現在も毎日愛用しています。

無印iPadと言えば

  • iPadの中でも価格が安い
  • Apple Pencilは第1世代に対応
  • LIDARスキャナなし
  • Face IDなしでTouch IDに対応
  • 背面カメラは1つだけ
  • ホームボタンあり(Touch ID)
  • Lightning端子で充電

といった特徴があり、いろいろと種類のあるiPadの中でも価格が安く一番手に入れやすいiPadになります。

※2022年発売の無印iPadは第9世代となり、ストレージは64GBと256GBの構成になりましたね。

さて、この無印iPad(第7世代)、購入してから1年ほどは”32GB”のストレージ容量でも十分に足りていましたが、2年目に入ってからは「この容量では足りない!」と焦りを感じてきました。

打開策を考える猫
どうしようかな…。

”物足りなくなってきた”理由を具体的に言えば

  • Good notes5でノートをもっと取りたい
  • PDFの閲覧をしたい

と言った欲が新しく湧いてきたのです。もしiPadの利用頻度を増やしデータが増えれば、ストレージの残量は少なくなります。

何でこんなことになったのか?

iPadの購入当時の私はこう考えていました。

私は機械音痴だし、ライトユーザーのままだろうから32GBでも全然大丈夫足りるはず!」

…と。

あまり深く考えずに選びました。

2019年の過去に戻って、当時の私に「32GBじゃ全然足りないよ!128GBを選んどきなさい!」と伝えたいです。

ですが、最初の1年間はこのストレージ容量でも十分足りていたし、ましてや2年後の今を正確に予測できるなんてことはありません。

いやいや未来を正確に予測できる人なんていないよ…。

遠くを見つめるプードル
遠い未来を見つめるわんこ

ストレージの残量が少ないと、どういったことが起きるのか?

考えられることは

  • OSのアップデートが心配
  • 新しいAppを入れられない
  • データが増えることに対して億劫になる

といったところでしょうか…。

特に「OSアップデートが心配」は懸念すべき事柄。

内部ストレージの空き容量はほどほどに確保しておきたいところです。

足りない場合の対策として

  • ストレージ容量の多いiPadに買い替える
  • iCloudを利用する
  • 外部ストレージを新たに購入する
  • 節約する
  • 自宅にNASを設置する

こんな感じですかねぇ。

この中で一番取り組みやすいのは

節約する」。

これかな。

ストレージを節約するには

  • データをiPad以外に移す
  • いらない画像やデータを削除
  • 使っていないAppをアンインストール
  • ノートやメモを整理しゴミ箱へ
  • iCloudメールを削除

思い当たるのはこの位かな…。

これ全部やっているので、これ以上のデータの削除や整理は難しそう…。

次に「iCloudアイクラウドを利用する」。

私は以前にiCloud+で有料プランを契約していましたが、今は解約。

今のところ再契約する予定はありません。

関連記事>無料プランで足りそうなのでiCloud+をダウングレードする

SDカードを利用する

外部ストレージを用意して、そこに撮影した写真や加工した画像を移動するということ。

iPadの中でも iPad Proや Air、miniは USB Type-C端子搭載なので、外付けのSSDやハブなどが使えますよね。

残念ながら、私のiPad(第7世代)はLightning端子。

iPadの内部の画像をSDカードに移動させるには、「SDカードリーダー」が必要です。Apple純正の製品もAppleの公式サイトから購入できますが、価格が少し高め。値段が手ごろなサードパーティ製のカードリーダーも豊富なので悩むところです…。

しかし、Apple製品にはとても便利すぎる機能がある。

それは「AirDrop(エアドロップ)」。

Apple製品間ならデータを送りあえる機能です。Wi-FiとBluetoothを利用してデータを無線で送信できます。

iPhoneユーザーならAirDropを活用している人も多いはず。

もし私がMacBookを所有していたら、MacBook⇔iPad間でAirDropを利用して簡単なデータのやりとりができるんじゃ…。

あんな
あんな

MacBook欲しい…。

買う。買うよ。いつか。

しかし私のPCはWindows。

…もちろんAirDropはありません。

同じWindows PC間ならBluetoothを使って「近距離共有」できるそうですが…。

ないけど、普通にWindowsPCにUSBケーブルをつないでデータを移動すればいいんだ!

…。

解決!

…ここまでお読みいただきありがとうございました。

覗く猫のイメージ画像
ありがとうございました!嘘です!まだ続きます!

いやいや、他の選択肢も検討してみよう。

ストレージ容量の多いiPadに買い替える

これはすぐには難しい。

あんな
あんな

予算が…(嘆)。

今は無印iPad(第7世代)を使っているけど、将来的にはAirやProにレベルアップ(?)したいと思っています。

ですが、まだまだ今使っている無印iPad(第7世代)は現役。

不具合はないし、iPadOSも最新のものに対応している。

参考:iPadOS 15.5に対応しているiPadモデル

まだ購入してから2年足らずというのも、二の足を踏んでいる理由です。

ストレージ容量の大きいモデルを選ぶと価格が高くなるし…。

ちょっと現行のiPad Air(第5世代)を調べて表を作成(Air欲しい)。

今のiPadがWi-Fiモデルなので、同じWi-Fiモデルで比較。

ストレージ容量64GB(Wi-Fiモデル)256GB(Wi-Fiモデル)
価格¥74,800¥92,800
Airになると価格が一気に高くなるのね…。

差額は¥92,800-¥74,800=¥18,000

この位の差額になるみたい。

新品かどうかを気にするタイプではないので、中古品や認定整備品でもいいなぁ。

>Apple認定整備済製品

最後に「自宅にNASを設置する」。

難しいので今のところ却下。

あと予算の関係。

1TB(テラバイト)や2TBなどの大容量のラインナップが多めで、その分お値段もお高めで、パソコン初心者には難易度高め。

クリエイターの人や家族の写真や動画が多くなってきた人向けかな?

参考:NASってなに(BUFFALO)

まとめ

すっごく簡単にまとめると、iPadを最小容量の内部ストレージを選択して後悔した&じゃあ何か対策はあるのか考えてみる、ということでした。

この記事を書いた時点で、最新の無印iPadは第9世代に代替わりしており、もう第7世代の記事を書いても古いのでは?と感じましたが、まだまだ中古で購入する人もいると思うので自分のiPadを使っている感想を書いていきたいと思います。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました