PR

ゆうパケットポスト発送用シールのサイズのチェック表を作りました

生活情報
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。あんなです。

みなさんは『メルカリ』を利用していますか?

私は出品・購入両方ともやっていてマイペースに楽しんでいます。

フリマアプリはメルカリ - メルペイのスマホ決済でもっとお得
フリマアプリはメルカリ – メルペイのスマホ決済でもっとお得
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

『メルカリ』で出品した商品が購入されたら検品して梱包し、最後に発送作業といった流れですよね。

私は匿名配送が好きなので、ゆうゆうメルカリ便らくらくメルカリ便のどちらかを利用することがほとんど。

特に、私は『メルカリ』のゆうゆうメルカリ便『ゆうパケットポスト発送用シール』を利用しています。

ゆうパケットポストを利用して発送するには

  • ゆうパケットポスト専用箱(段ボール)
  • ゆうパケットポスト発送用シール

のどちらかの方法を選ぶ必要があります。

ゆうパケットポスト専用箱とゆうパケットポスト発送用シール。

私は両方とも利用するのですが、今回は『ゆうパケットポスト発送用シール』のお話です。

ゆうパケットポスト発送用シール
郵便局で購入しました!20枚入りです。

この『ゆうパケットポスト発送用シール』は、専用の梱包材が無かったとしても条件を満たせば、封筒や市販の梱包材にこの『ゆうパケットポスト発送用シール』を貼って郵便ポストに差し出すだけというすぐれもの。

ゆうパケットポスト発送用シール
表と裏はこんな感じです。ちゃんと使い方の説明もあります。

ただし…、

  • 反映が遅い
  • 届くまでに2~4日かかる

というデメリットがありますが、出品者側からすると梱包資材さえ用意できていれば、すぐに作業に取り掛ってそのまま発送できる気軽さがあります。

発送場所がポスト投函ですので、時間に左右されにくいということも嬉しい限り。

これは便利だ!と思ったので使ってみたのですが、結構気になるポイントがありますね。

それはサイズや重さなどの基準が決まっていること。

これを把握するのは大変。

私がメルカリを始めたときは「これメモ取らずに条件クリアするの大変そう…。」と感じたので、とりあえずExcel(エクセル)でチェックリストを作ってみました。

ゆうパケットポストのチェックリスト
こんな感じです。ちょっと文字色が薄すぎました…。手順は目安です。

そこで今回の記事では↑の表を使いながら、ゆうパケットポスト発送用シールのサイズを整理してみようと思います。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

あると便利な物

ここら辺があると便利です!

  • はかり
  • メジャー
  • A5用紙
  • 厚さを測る定規

ゆうパケットポスト発送用シールを貼るまで

出品していた本が売れたとして、検品~梱包まで済んだ状況とします。

梱包が済んだ本です。

この梱包した商品『ゆうパケットポスト発送用シール』のサイズの規定内なのか測っていこうと思います。

それではお付き合いください。

『ゆうパケットポスト発送用シール』はサイズの大きさが決まっています。

まず、3辺合計60㎝以内、とあります。

長さ・幅・深さの3辺を合計した寸法です。

ちなみに私の作成した表では幅×奥行×高さとしています。

3辺合計60㎝以内

ですが、私が利用している郵便ポストの投函口は古いサイズなので、厚みは3センチ以内を想定しています。

というわけで私がゆうパケットポストを利用する場合は投函口に入るサイズを気にして梱包していく必要があるのです…。

投函口が4㎝や7㎝の厚さの郵便ポストもあるそうです。

ちょっと幅(=厚さ)計ってみましょう…。

計測
すいません。雑なはかり方です…。

厚さは1.5~2㎝ですね!

ちょっと多めに見て2㎝としておきます。

続いて残りの2辺を測定したらこんな感じです。

幅18㎝で高さ23.5㎝

幅18㎝+奥行(厚さ)2㎝+高さ23.5㎝=43.5㎝

60㎝以内ですね!

厚さ3センチ以内か※私の場合

先ほど厚さを測ったので、もうすでに厚さの条件はクリアしているのですが、一応確認します。

こんな感じでチェックを付けていきます。

利用したのは、「厚さ測定定規」

厚さ測定定規
あると便利!

DAISOでよく見かけますね。

これに通します。

よいしょっと。

一番上の3㎝の厚さを通り抜けたので大丈夫でしょう!

厚さ測定定規

長辺34㎝以内か

長辺34㎝以内…。

最大の長さも上限が決まっているようです。

こちらも測ってみましょう。

長方形として捉えて長い辺の方を測ります。

雑ですいません。34㎝以内です!

こちらもOK。

はかりやメジャーがないという場合は、『ゆうパケットポスト専用箱』を活用して見てもいいかもしれません。

『ゆうパケットポスト専用箱』は高さ約32.7㎝なので、長辺34㎝以内なんです。

↓のように縦の目安にも使えます。

ゆうパケットポスト専用箱は郵便局・メルカリ・LAWSON・DAISO・セリアなどで販売中。一部店舗では取り扱っていないみたい。私の住んでいる地域のDAISOも2店舗だけ確認しましたが、必ず置いてあるといった感じではなかったです…。
サイズや重量の記載があるのが『ゆうパケットポスト専用箱』の良いところ!わかりやすい。
切手・はがきの通販なら|郵便局のネットショップ
切手・フレーム切手・はがき・レターパック・年賀はがきの通販なら郵便局のネットショップ「切手・はがき・コレクショングッズストア」。5,000円以上の注文は送料負担なし。(一部商品を除く)

重さ2キログラム以下か

すいません…。重さは画像なしです。

ちなみに我が家はキッチンスケール(最大重量1kg)を活用して商品の重さを測っています

今のところ1kgを超えるものを出品していないので大丈夫ですが、もう少し重いものを測定できるはかりを購入してもいいかもしれないと思う今日この頃。

最小サイズってあるの?

上限のサイズはわかった…。でも、最小サイズにも気を付けなければなりません!

最小サイズは、“たて×よこが14㎝以上×9㎝以上(円筒形状の場合は、長さ14㎝以上、直径3㎝以上)”とあります。

参考 ゆうパケットポスト・ゆうパケットポストmini(郵便局)

ちょっと計ってみましょう。

たて14㎝以上ですのでクリア!

続いて横幅です。

よこ9㎝以上ですのでこちらもOK!

ちょっと方眼紙で自作の「最小サイズ」の測りを作ってみました。

我が家の最小サイズの自作定規(?)です。さっき作りました。

これを梱包した商品にのせてみますね。

これで最小サイズがわかります。
ちょっと横にしてみました。

最小サイズの条件はクリアしていますね…!

でも最小の大きさは少し難しいのでは?

この大きさだと「宛名ラベルが貼りにくいサイズじゃない?小さすぎるかも?」と疑問が生まれてきます。

次に続きます。

スポンサーリンク

あれ?発送用シールを貼る場所はどこが正解?

私はゆうパケットポスト発送用シールを使い始めた当初、封筒のど真ん中にシールを貼っていました。

でもある時、「本当にこれでいいのか?」と発送用シールの貼る位置を考えるように。

「公式サイトには何かヒントが書いてあった?確認してみよ!」

画像引用元:ゆうパケットポスト・ゆうパケットポストmini(郵便局)

…と公式サイトを確認すると、発送用シールを貼る位置は右端の方に貼ってある図で解説されています。

真ん中には発送用シールを貼られていないことがわかります。

ネットで検索すると、シールを貼る位置について発信されている方もいらっしゃいます。助かります。ありがとうございます!

参考にさせていただいた方

旅と日常のあいださん:https://www.tabitoko.com/entry/2023/10/08/000800

個人向け郵便局利用さん:https://twitter.com/yubinJP

A5サイズの貼り付けスペース宛名ラベルのために確保するらしいので…

ちょっと家にあるA5サイズのものを用意します。

ちなみにA5サイズは148×210㎜だそう。

ちょうど家にあったA5サイズのルーズリーフ。

これで宛名ラベルのサイズ感をイメージしてみますね。

ちょっと梱包した商品にシールとA5用紙を載せてみましょうか。

まずは発送用シールの位置は右下(または左下)を目安に置いて…

このあたりに置いて…。

シールの上にA5サイズの紙を載せてみます。

A5サイズの宛名ラベルはこんな感じでしょうか…?符号が確認できるような位置にします。

あっ。ちょっとサイズギリギリ…。はみ出してる…。

もうちょっと大きめサイズに梱包した方が良かったみたいです。直しとこ!

※今回の記事用に商品を梱包したので実際に売れた訳ではないです。

ちなみに『ゆうパケットポスト専用箱』をよく見ると、宛名ラベルを貼る場所のヒントがあります。

見えました?

ヒントを手掛かりにA5サイズの用紙を置いてみます。

このあたりで…。おぉ!ぴったり!はみ出ないし!!

というわけでこんな感じで表を利用してゆうパケットポスト発送用シールを貼る場所を確認してみたり、ゆうパケットポスト発送用シールの規定のサイズを確認してみました!

それぞれのサイズ感はこんな感じです~!

ゆうパケットポスト発送用シールの出品物のサイズはこんな感じでチェックしていくとよさそうかな…と思います。

最後感想です。

スポンサーリンク

感想

少し昔話を…。

私は『メルカリ』初心者だったとき、メルカリのロゴの入った専用の梱包資材の存在がありがたかったです。(ちなみにまだまだひよっこです。)

『ゆうパケットポスト専用箱』はLAWSON、『ネコポス用段ボール箱』はセブン‐イレブンで購入しました。かわいい。

なぜなら専用箱は箱の規格が決まっていて、その箱に入りさえすれば、封をしてそのまま発送、最後に発送通知を押せば出品者側のやることはほぼほぼ完了し、後は購入者さんに商品が無事届いたら互いに受取評価をして取引完了するだけ。

便利!

楽!

YouTubeで他の方のメルカリの梱包動画を見ていると分かりますが、皆さんお店の紙袋や余った段ボールなどをうまく活用して規定のサイズ内にしっかりと収めています。

しかし、私は梱包自体がはじめての経験だったので、今手元にあるリサイクル資材でのDIY梱包はハードルが高かった…。

しかもメルカリは梱包以外にも商品ページを充実させたり、購入者とのコメントのやりとり、発送作業まで考えると他にもやることが結構多い…。

これらの作業は慣れてしまえば大丈夫ですが、取引件数が少ない時はまだまだ経験が浅く余裕が持てないのも事実。毎回「これで大丈夫?本当に大丈夫???」と内心はらはらしていたことを覚えています。

そんな時に自分でチェックリストを作成してみたら、これが案外うまくハマり、検品から梱包までの作業の進捗管理に役立ってくれました。

この表が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。では。

関連記事

メルカリはじめました&アプリのインストール手順の備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました